Left Category

Porto Cesareo City center

ポルトチェザーレオの夜の街を楽しむ Porto Cesareo city night view tour-Puglia-Italy

南イタリアの個人旅行でプーリア州のポルトチェザーレオの夜の街を散歩しました。 街の建物の壁もお洒落ですし、光のコントラストも素敵でした。 Porto Cesareoの街の真ん中で何か催し物が開かれていて大勢のお客さんが一杯でした。 南イタリアっぽい服も売られており、夏のすがすがしさを感じます。ビーチからもそんなに離れていない場所ですので すぐに行けます。白っぽい服でイタリアの海にも合う感じです。こんな服を着ながら、南イタリアの個人旅行を楽しみたいものです。Porto Cesareo ポルトチェザーレオのビーチもこれを着て夕日を楽しんだり 朝食を海を見ながら楽しみたいものですね。 Sunchildren.net

Right Category

Porto Cesareo City center

ポルトチェザーレオの夜の街を楽しむ Porto Cesareo city night view tour-Puglia-Italy

南イタリアの個人旅行でプーリア州のポルトチェザーレオの夜の街を散歩しました。 街の建物の壁もお洒落ですし、光のコントラストも素敵でした。 Porto Cesareoの街の真ん中で何か催し物が開かれていて大勢のお客さんが一杯でした。 南イタリアっぽい服も売られており、夏のすがすがしさを感じます。ビーチからもそんなに離れていない場所ですので すぐに行けます。白っぽい服でイタリアの海にも合う感じです。こんな服を着ながら、南イタリアの個人旅行を楽しみたいものです。Porto Cesareo ポルトチェザーレオのビーチもこれを着て夕日を楽しんだり 朝食を海を見ながら楽しみたいものですね。 Sunchildren.net

Porto Cesareo City center

ポルトチェザーレオの夜の街を楽しむ Porto Cesareo city night view tour-Puglia-Italy

南イタリアの個人旅行でプーリア州のポルトチェザーレオの夜の街を散歩しました。 街の建物の壁もお洒落ですし、光のコントラストも素敵でした。 Porto Cesareoの街の真ん中で何か催し物が開かれていて大勢のお客さんが一杯でした。 南イタリアっぽい服も売られており、夏のすがすがしさを感じます。ビーチからもそんなに離れていない場所ですので すぐに行けます。白っぽい服でイタリアの海にも合う感じです。こんな服を着ながら、南イタリアの個人旅行を楽しみたいものです。Porto Cesareo ポルトチェザーレオのビーチもこれを着て夕日を楽しんだり 朝食を海を見ながら楽しみたいものですね。 Sunchildren.net

格安航空券を手に入れて旅行を低価格で済ます方法

格安航空券をもっと安く買うコツ・予約をなるべく早い時期に行う事。 ・繁忙期を避けること ・かなり安くしたいのであれば、数か月前から予約することが大事です。 ・直行便を避けて、乗り継ぎ便にすること ・日系のエアーラインは避ける  ※日系のエアーラインを避ける ぐっと安くしたいなら1ヶ月前からの予約がお勧めです。 人気の航空券はすぐに完売してしまうので早めに買うのがお得です。 航空券の種類で直行便と乗継便がありますが、価格が安いのは乗継便。 とにかく安くを求めるなら乗継便ですが、乗り継ぎ地点の待ち時間が長い、 もしくは極端に待ち時間が短いことは辛いものです。 ですので乗り継ぎ時間は1時間~4時間程度を目安とするとベストです。

ポーランド,Polish AirLine

ポーランド経由でウクライナへ ポーリッシュエアーライン使用 Poland to Ukrine

ポーランド経由でウクライナへ向かいました。 キエフ市内で美味しいウクライナ料理を食べて、ウオッカも飲める。 そして意外に知られていませんが、ウクライナはとても思いのほか発展しています。 歴史的な建物も多く観光にもお勧めです。 とりあえず、ポーリッシュエアーラインのレポートから。。。 ポーランド空港は スターアライアンスのメンバーですので、 ANAやルフトハンザ、アシアナの上級会員(スターアライアンスゴールドメンバー)であれば、ワルシャワ空港のラウンジも使用可能です。 私も実際に使用してみましたが、料理のクオリティーが大変高く、 満足いく内容でした。 フランクフルト空港でまず セネターラウンジを使用しました。 詳細はこちら ポーリッシュエアーラインは、LOTの文字コードが書かれています。 ドイツから移動したのですが、大変多くの方がのられていました。 機内食というほどではないですが、珈琲とお菓子ができました。 珈琲もLOTのロゴが入ってました。 ちょうど夕暮れ時だったので 美しい景色を見ることができました。

リモワ rimowa旅行カバン

RIMOWA × Lufthansa リモワ×ルフトハンザ 旅行鞄 旅するスーツケース

海外旅行好きなら、 いや、海外旅行に限らず、旅行好きなら、、、 いや、仕事をバリバリこなす ビジネスマンなら??? Rimowa を知らない人はいないのでは??? 旅行鞄の中では 最も高級な部類に属していて ドイツを発祥とする伝統あるメーカーといえば RIMOWAではないかと思う。 何を隠そう私もリモワ(RIMOWA) ファンの一人です。 旅行中に見かけるリモワを見ると この人も リモワファンか?とちょっとクスッと笑っちゃいますね。 なぜか 旅好きの共通の話題ができちゃうんじゃないかなぁと思っちゃいます。 特におすすめの中でも ルフトハンザモデルの60Lサイズ、結構大きいですが、一週間~10日程度の旅でも全然余裕ですね。 収納サイズはばっちりです。 革の取っ手が渋いです。電子タグは日本ではまだ使われていませんが、欧州圏の一部ではすでに導入済み。 リモワ独自のこのメタリック加工と ルフトハンザのさりげないロゴがカッコいいです。 光沢があります。 百貨店やセレクトショップだけでなく、アマゾンでも買えます。 RIMOWAの人気モデルはどれもお洒落でカッコいいですよね。

サンタマリア レウカ

レッチェの南側、プーリャ州の最南端に位置するLeuca レウカ

レッチェの南側、プーリャ州の最南端に位置するLeuca レウカという街に行ってみました。 ガリポリ(Gallipoli)やオトラント(Otrant)へは 行くことができたので、ついに最南端のレウカ【Santa Maria di Leuca 】に挑戦です。 場所は下の図の通り、イタリアのかかとの部分のさらに最南端に位置します。 バスを利用して行ってみました。 そしたら遠い 遠い( ^ω^)・・・ 南イタリアなど田舎を旅するのであれば、絶対にレンタカーを使用した方がいいですね。 一応時間バスはあり一日に何便かは存在するのですが、とても頻繁に走っているとは言い難く、不便です。 時間がもったいないですね。長期的に滞在するのならともかく、数日で効率的に回りたいのであれば、レンタカーをおススメします。 夕焼けが見たくてやって来ました。暗くなってからは後方に映っている電車みたいなやつに乗ってLeucaの街の中を探索しました。

Portocesareo beach ポルトチェザーリオのビーチ

青い海は好きですか?イタリア編 Porto Cesareo ポルトチェザーリオのビーチ 南イタリア Puglia(プーリャ州),Italy

南イタリアのかかとの部分にある、港町ともいえる Porto Cesareo ポルトチェザーリオというところへ行ってきました。 日本人からすればかなりレアな場所なのではないでしょうか? 私もイタリアの友人ができなければ絶対に訪れることのなかった街だと思います。 青い海とはこのことだ。 地中海の青さとはこのことだ、 なぜ 海=イタリア なのか という謎が とけた瞬間でした。 そして、そのライフスタイル ゆったり感 おおらかさ  日本の満員電車では 決して感じることのない世界でした。 ここに住みたい と思える場所でした。 それでは、Porto Cesareo ポルトチェザーリオ  について 少しづつ 紹介できればと思います。 ビーチ 南イタリア Puglia(プーリャ州),Italy いかがでしょうか。

オリーブ 南イタリア プーリャ州

オリーブ畑(Olive grove)を楽しむ  Hotel Porto Cesareo/Puglia/Italyポルトチェザーレオのアコモデーション、ホテル、フラット、宿、ユースホステル、南イタリア サレント半島 プーリャ州 

 ≪Porto Cesareo Beach≫ 本場のイタリアの海と珈琲を味わう旅として、 南イタリアの町を ローカルパーソンである ファビオに、 案内してもらいました。 その中で、今回は、オリーブの森? に潜入です。 実はこの南イタリアのプーリャ州は、オリーブで有名な土地です。 日本でも イタリア料理 スペイン料理が好きな方なら必ず 注文したくなるつまみがオリーブですよね? 日本国内産も最近は出てきましたが、 それでも 本場はここ南イタリア プーリャ(Puglia)にあります。 樹齢500年以上のオリーブの木も存在するレベルです。 とんでもないですよね。 プーリャ州に住む友人宅で、実際にこのプーリャ産のオリーブオイルを使用した食事を頂きました。😋美味しいでした。なんというか現地で作られたものを そのまま現地で食べれる喜び、有り難いです。 地産地消ではありませんが、本場のものを本場で食べれる、嬉しいことです。 イタリア人の友人のお母さんにオリーブオイルと使った料理を頂きました。 こちらに詳細を書きました。⇒オリーブ畑を楽しむ プーリャ州(Puglia) その際には、実際に南イタリアの民泊を利用して滞在してみました。(Gabriella’s Villa